鳴り響くティンパニー

nekonarabi.exblog.jp
ブログトップ

アキラ編(余命宣告を受けてから)

この頃のアキラは14歳になっていました。


今までお世話になっていた動物病院は高速道路を使っても40分程かかります、今までと何かが違う発作と

これから大きな発作が多くなる事を考え近くの動物病院に思い切って変えてみました。



そこでCTを撮ってもらったら「脳腫瘍」が見つかりました、これによるてんかん発作を起こしていたようです。

少しは期待していたアキラの歩行が今後は期待できないと言う事と・・・

ましてや余命宣告を受けたこと・・・ショックです。

先生から てんかん発作を抑える薬をもらい帰宅しました。

帰りの車でアキラが後、どのくらい生きられるのか、なぜアキラがこんな思いをするのか、

切なくて泣けてきました。


痴呆症から脳腫瘍・・・歩けなくなったアキラ。

散々泣いて、「この子に最後まで付き合う!」

切なく悲しい気持も 覚悟 に変わっていきました。


c0209923_20194112.jpg





「体温調節ができなくなるよ」との先生の言葉だったのでアキラをいつでも目が届く家の中に

入れる事にしました。


犬と家の中で生活するのは始めてになります。

部屋を片付け、寝かせるスペースを確保しフローリングに冬だったのでスタイロホームを敷きその上に

バスマットを2枚つなげ+ビニールシーツ+ペットシーツ+バスタオルと重ねその上にアキラを寝かせました。

アキラを家に入れるに当たり痴呆症による噛み癖が以前より酷くなってきたので

好奇心旺盛の猫(主にサンタ)が「ガブリ!」とされては困るので

アキラのいる部屋は猫たちの出入り禁止にしました。

今まで自由気ままに過ごしてきた猫たちなのでお昼寝や自由に使っていた場所が出入り禁止になり

猫たちも落ち着かない様子、エミーも突然アキラと引き離され部屋の中を気にしてましたが

エミーの相変わらずの食欲にはずいぶんと救われました。




今まではあまり感じたことがなかったのですが

居間に大型犬を寝かせてみると・・・で・で・でかい!(部屋が小さいのか?)

アキラってこんなに大きかったのかと14年も経って初めて感じました。


半日ほど前まで、てけてけと歩いていたアキラが今は部屋で寝ている・・・・

発作が始まってから余命を受けるまでの毎日が必死だったので色々考える余裕がなく目の前に寝ている

アキラを見ても実感がない!

今まで自由に歩いていたアキラが歩行困難になったからって「ああ・・そうですか!」と

じっとしていてくれる事もなくわさわさと手足をばたつかせて立ち上がろうとします・・・

私も仕事もあるので付きっきりで見ている事もできず用事を済ませ戻るとまるで違う場所に居るアキラ!

当然寝たままですが・・・

器用にくるりと180度方向を変えている事もありました、歩く事は出来ないのですが

前足、後足を歩いている様に動かすことによって少し床に引っかかるのです

それを利用して移動していたのです。

歩きたいよね!足をマッサージしては立たせてみましたが力が入らず、ふにゃとお尻をついてしまいます

やっぱり駄目かなぁと何回もチャレンジして抱きかかえていた時シャーと大量のおしっこ!

きっとアキラはいつもの様に歩いておしっこをしに行こうと思っただけなんだなって思いました・・・・・

そうだ!これからはおしっこやウンチの心配をしなくちゃいけないんだ!そうこれが現実なんだよね!

慌ててペットシーツを大量に買ってきて試行錯誤の始まりです。

初めのうちは寝たきりになって一番辛いのはアキラなんだから出来るだけ自然に近い感じで出来れば

良いと思い、支えながら立たせておしっこをさせていましたが2~3日でギブアップ!

当初の気持ちはもろくも崩れ去りました・・・・情けなや~。


おしっこやウンチのタイミングを逃すと寝たままの状態でしてしまう為アキラの体も不衛生になるし

片付けも大変です、そこでオムツをすることにしました。

ホームセンターに行ってみると大型犬用のオムツは高くてビックリ!

お手頃な人間の大人用オムツを代用することにしました

尻尾の位置をカットすると中の高吸水性分子材?みたいのがこぼれてくるのでガムテープで

包んで止めます。


オムツの中にパットを敷くと軽い尿漏れはパットだけ取り替えるだけでOK!
c0209923_20125798.jpg




オムツを使用してからは私達は気持ち的にだいぶ楽になりました、でも寝たままするのと体を起こして

抱きかかえてする時の表情が違う気がするのです、そりゃそうですよね・・・

仕方なく出すのと、出すぞっ!と言う意識の違いは大きいと思います

それは人間が勝手に思っているだけの違いかもしれないけどなにか伝わってくる気がするんです・・・・

オムツはしていても出来る限り抱き起こしておしっことウンチとさせるようにしました、オムツをしているアキラは

おしっこをする時 アキラを抱えている腕に全体重を預け 両足をぴょんと空にあげて力みます、

この格好が何ともかわいいのですが・・・

その頃でも20kは余裕で越えているアキラ!全体重を抱えているこちらは結構大変な作業で

日頃から腰痛持ちの私達の腰からコルセットが取れる日がありませんでした。

オムツを当てた時の排泄にもアキラは段々慣れて、それと同じように私にも排泄のタイミングが

少しはわかる様になり、プイ!と抱き上げた時にアキラの後足を 

床にトントンと刺激をするとシャーとしてくれる様になりました、ウンチも力んでくれました!


幸いな事にアキラはとても状態の良いウンチをしてくれていたので抱きかかえてさせる事で

アキラの体が汚れることも余りありませんでした。




薬のおかげで発作も殆んど出なくなり寝たままの姿勢で動きはしますが床擦れになってはいけないと思い

2時間ごとに体勢を変えていましたが それでも数ヶ月前の寒い夜中に飛び出していっての世話に

比べると家の中での世話はずいぶん楽になりました、

深夜3時の交代体勢で見ていたので

慢性の睡眠不足は続きましたがアキラの横で添い寝も出来る様になったし、

なにしろ嬉しかったのがまたアキラの寝顔を見て癒される感覚も戻ってきて気持ちにも

少し余裕が出来てきました。

調子の良い日は状態を起こしたりし、食事は昔から旺盛だったので歩けなくなってからも

消化を良くする為ふやかしたドックフードでもよく食べてくれました。



調子の良いときのアキラ!
c0209923_20165449.jpg



そんなアキラも年が明け2月に入った頃からドックフードを嫌がるようになり医療食の缶詰

をスープーんで口に入れてあげないと食べなくなりました、寝たままの状態が多くなり痩せていきました。


寝ていることが多くなったアキラ。
c0209923_2018787.jpg



c0209923_20183286.jpg



その頃のスプーン。(噛み癖は直ってません)

c0209923_20191065.jpg






応援クリックして頂けると励みになりますよろしくお願いましす!
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
[PR]
by nekonarabi | 2012-03-08 20:34 | エミー